3月18日 列車で東海岸へ an die Ostkueste mit dem Zug

台湾には南北に長い山脈がふたつある。これを越えるのは相当の
苦行であるとどこかで読んだ。そして、高雄を去る日、その苦行
がやってきた。走り始めて6日目、疲れも溜まってきているし…
と自分に言い聞かせ、今日は列車で東海岸へ出ることにした。必
要時間は2時間。と言うことは行動はゆっくりでいい。
6時過ぎに起床し、軽いチャリでぶらぶらと街へ出た。近くの公
園では早起きグループがヨガ(?)やダンスで健康維持を図って
いた。ラジオ体操を思い出した。日本と異なるのは、皆、ユニフ
ォームを着ていること。すべて何らかのグループなのか?
DSC00747.jpg
※新鮮野菜。産地直売…と言ったところか?
DSC00755.jpg
公園に面した道路には野菜や果物を売る車が数台止まり、体操帰
りのおばさまたちが蔵がっていた。私もリンゴ(欲しかったのだ)
を3個求めた。そして発見したマックでハンバーガーと紅茶の朝
食。久しぶりだな、こんなの。
※久しぶりのマック。
1679100736314.jpg
※近くに吉野家があったのでメニュを撮ってみた。日本と同じか?
DSC00764.jpg

ホテルに戻り、荷物を整理して9:45出発。高雄駅までは約10分な
ので焦ることはない。駅に着き、エレベータでB1へ降り、観光案
内所で聞くと、10:30発があると言う、絶好のタイミングを喜び、
チケット売り場へ行くと「自転車はパッケージしていないとダメ
だ」と言う。「そんなことはない。大丈夫とガイドブックに書い
てあった。事実、一回はこのまま乗れた」と食い下がったが女性
係員は頑固だ。駅入り口の担当者に訊いても同じ返事。あきらめ
て輪行袋を買うことにした。数日後には花蓮からまた列車を利用
する。その際にまたもめるは嫌だしね。
※有名な高雄駅の天井。
DSC00773.jpg
案内所の女性(この二人が親切だった!)と近くの自転車店を探
すと、およそ1キロのところにGIANTの店がある。自転車を
持ち込める列車の発車時刻は13:05。2時間あるので、買って、昼
飯を済ませれば丁度いい。で、ぶらぶらとGIANTへ。袋を買
い、自分の愛車はGIANTだというと店員もうれしいそうだっ
た。
そして昼食は牛肉カレー。写真で選んだのだが、香辛料が複雑す
ぎて、なんとなく薬膳カレーの趣き。これはちょっといただけな
い。
※牛肉カレー。見た目は良いのだが。
DSC00771.jpg
駅に戻り、自転車を分解しパッキング。「これでOKだね」と確
認すると案内所のふたりも駅員も(同じスタッフだった)にっこ
りと笑っていた。高雄を去る瞬間が笑顔で終われてよかった。
ホームで列車を待っていると若い日本人とあった。鉄道で環島し
ているよしむら君。今日は台東へ行くという。席は離れていたの
で台東駅でまた少し話す。台湾の後は東南アジア方面へ行くらし
い。若いことはいいことだ。
※列車からはこんな景色が見えてきた。
DSC00790.jpg

DSC00782.jpg
※千葉県から来ているよしむら君。
GYO 20230318_155134
台東駅の案内所で情報を仕入れていると、写真を撮ってよいか?
と訊かれた。いいよと答えると、案内所のフェイスブックにアッ
プすると言う。76歳のチャリダーがどんなふうに出てくるのか、
明日が楽しみだ。
8人部屋のドミトリーに荷物を置き、シャワーを済ませ夕食に
出た。宿で教えてもらった店で「健康定食」のようなものがあっ
たのでそれを頼んだ。ご飯、鶏肉がキャベツに乗ったもの、青梗
菜の油いためとトマトジュースで230ドル(約1150円)。うまか
った。
さて明日は東海岸を走る、天候がぐずつき気味なのが気になるが
景色はとても良いらしい。頑張ろう!
本日の走行距離17.5km

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中尾 堯

Author:中尾 堯
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク